読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お好きなときに

どうぞ。

超便利☆SnippingToolを使って業務効率化を図る!

f:id:ys-nagai131:20170418230906j:plain

プリントスクリーンでPC画面をキャプチャして、ペイントを立ち上げてCtrl+Vで貼り付け。必要な部分をトリミングして、ExcelやWordなどに貼り付ける。

企画系・事務系職種の方なら、誰でも経験のある作業だと思います。

だけど、この作業……物凄く手間のかかる作業なんです。差し替えの度に一からキャプチャし直す必要がありますし、それをペイントに貼り付けてから、いちいちトリミングするのは非常に面倒です。

 

けれど、私は「SnippingTool(スニッピングツール)」という超便利なWindows標準プログラムの存在を知ってから、この無駄に手間のかかる作業から解放され、業務のスピードが何倍も速くなりました。本日はこの「SnippingTool」の使い方をご紹介します。

 

 

基本的な使い方 

手順① [Snipping Tool]を開く

 OS別の開き方

Windows 10 の場合 [スタート] ボタンを選択します。タスク バーの検索ボックスに「snipping tool」と入力し、結果の一覧から[Snipping Tool] を選択します。
Windows 8.1 または Windows RT 8.1 の場合 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して [検索] をクリックします)。検索ボックスに「snipping tool」と入力し、検索結果の一覧から [Snipping Tool] を選択します。
Windows 7 の場合 [スタート] ボタンを選択します。タスク バーの検索ボックスに「snipping tool」と入力し、結果の一覧から[Snipping Tool] を選択します。

引用元:Microsoftヘルプページ

 

手順② [新規作成]のプルダウンから『四角形の領域切り取り』を選択(※)

f:id:ys-nagai131:20170418233607j:plain

f:id:ys-nagai131:20170418233822j:plain

手順③ 画面キャプチャする範囲を、カーソルで選択

手順④ コピーして直接資料に貼り付け、またはJPEG形式等で保存

※ プルダウンの中には自由切り取りモードもあります!必要に応じて使い分けましょう。

 

このように書いたものの、説明する必要もないくらい、非常に簡単に使うことができます。このブログを見ている皆さん!!すぐにお手元のPCで、「SnippingTool」を検索してみて下さい(残念ながら、WindowsXPには未搭載のようです)。スマホユーザーの方は、後ほどで構いません。一度使っていただくと、プリントスクリーンでの作業がいかに非効率なのかを実感できると思います。

 

より効果的に使うための私見

私の場合、下図の赤丸の通り、タスクバーにSnippingToolをピン留めしています。これにより、キャプチャしたい時にすぐに起動することができます。なお、赤丸に関しても、SnippingTool上で書いています。ツールからコメントを自由に書くことができるのです。便利ですよね!(^^)!

 f:id:ys-nagai131:20170418230430j:plain

 

 

Windows10になってさらに進化!?

このように、超便利なSnippingToolですが、Windows10になりさらなる進化を遂げ、なんと新機能が追加されました。その名も……「遅延タイマー機能」! 

f:id:ys-nagai131:20170418234201j:plain

遅延の意味は分かりませんが、SnippingToolをタイマーで起動するというものです。文章では伝わりにくいのですが、非常に便利な新機能です。

これにより、SnippingToolをマウス操作で起動する瞬間に閉じてしまうものも、自由自在にキャプチャ可能ということになります。例えば、Windowsのスタートメニュー。タイマーが起動している間に、スタートメニューを画面上に表示させておけば、オッケイというわけです。

タイマー付のスクリーンショット機能なんて、他で聞いたことがありません。素晴らしいですね。

 

 

参考元:Microsoftヘルプページ

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13776/windows-use-snipping-tool-to-capture-screenshots

 

皆さんもお試しあれ!